【31日目・花蓮市/71.5kg(7.3kg減)】突如山道に現れた「良心バナナ」~カリウム摂って頑張るぞ~

旅日記

今日も野宿、否、夫婦で楽しくキャンプでした。そんな日は、公園の水をお借りしてできる範囲で身体をキレイにしております。だいたい3日に1回かそのぐらいはこんな感じです。

花蓮市豊濱郷という町です。

ニワトリの声で起きるという、宇宙の神秘と調和したナチュラリストと化しています。

先住民(台湾では正式に「原住民族」)の言葉で書かれた「男子トイレ」。言語保存の意識が垣間見えます。

本日の目的地は花蓮市中心部。東海岸の中部あたりの街です。

10kg痩せることが目的ですが、もう少しで台湾一周が完了すると考えるとウキウキします。

と、そんなウキウキ感も打ちひしがれてしまいました。予想以上に道がキツくてヤバかった。予期せぬ山越え状態。

この「予期せぬ」というのがポイントなのです。心構えができている山越えは「よし!今日は頑張るぞ!」的な気持ちになっているので、何ならちょっと楽しめる。

しかし、今回は「えぇ〜、今日こんなにキツイのぉ〜!?」みたいな、やる気も無いのにいきなり激烈ハードモードになってまずメンタルに来る。

でも眺めはめちゃくちゃ良い

そんなキツイ道中には、なぜかちょこちょことバナナの無人販売が点在していました。ありがとう地域の名産地!

その名も「良心バナナ」。無人販売店にそう掲げられていました。

良心の塊でもある僕はしっかりお金を払って自らの栄養としました。ありがとう顔の見えない生産者さん!

東海岸は山がちである一方、海沿いでもあるため、海と山が一気に楽しめて楽しいです。反抗期のお子さんがいらっしゃる方。ぜひ無理矢理でも良いので台湾の東海岸を一緒に自転車旅してみましょう。きっと親子の思い出がたくさんできるでしょう!

こんなカッコつけた写真とかついつい撮っちゃう

夜になりましたが、花蓮市のゲストハウスに到着です。壁とベッドがあるだけで嬉しい。

向こう数日は締め切りのある仕事を追い込まないといけないのでダイエット旅は少しお休みしてワーケーションに入ります。絶対ちょっと太るでしょう。

タイトルとURLをコピーしました